石笑 辛一

アナタ(穴多)、ダイジョウブ(大腸夫)

いま、ボクは絶好調。なんてったって、めしが美味しい。今夕のメニューはブリ照焼(よく油が乗りやわらかい)、湯ドーフ(ショウガたっぷり)、温泉卵、キムチ、肉(ブタ)+野菜炒め(きのこ・白菜・コンニャク)。ごはんは、秋田こまち+缶ビール1本。今日、図書館で借りた本は2冊、CD3本。CDは『NHK名曲アルバム⑧イタリア編』、『NHK名曲アルバム⑨東欧・ロシア編』『悲しみ解消クラシック』。本は『脳がめざめる呼吸術』『食べ物を変えれば脳が変わる』。きのうは『ストレスに強い脳・弱い脳』『身体能力を高める“和の所作”』、おとといは『冷やさない“腸”健康法』『長生きしたければ腸をストレスから守りなさい』『拍手のルール・秘伝クラシック鑑賞術』。中古書店で購入したもの『座右のニーチェ-突破力がつく本』『世界最高のジャズ』『芸・その世界』『9割の病気は自分で治せる」『一生、薬のいらない体のつくり方』。中古書店で購入したCD『テレマン・食卓の音楽』『テレマン・フルート/トランペット協奏曲』。

故息子所蔵のCD「モーツアルト交響曲36、“リンツ”38、“プラーハ”40」「ベートーヴェン交響曲2番/9番“合唱”」「アーリー・ミュージックの愉しい世界(古楽)」「ハイライト盤・バッハ“マタイ受難曲”」「ハイライト盤・ワグナー“ニーベルングの指輪”。図書館の放出処分(無料)CD「ブラームス・ドイツレクイエム」「菅原洋一・タンゴを歌う」。知人からの贈呈CD「関たけし・シャンソン集」。

夕食メニューのつづき。オール「缶ビール1本付き」
1/29 ハンバーグ・納豆・キムチ
1/28 ブリ・納豆・かぶの漬物・半熟卵
1/27 カレーライス(じゃがいもたっぷり)
1/26 天ぷら(かき揚げ)入りかけソバ
1/25 ブリ・大判メンチコロッケ・菜っ葉汁
1/24 湯ドーフ鍋・ブリ・納豆
1/23 パスタ(バジルソースかけ)・漬物・シャケおにぎり
1/22 (新年会の持ち帰り)折詰(すし・里芋・唐揚げetc)
1/21 シャケの切り身・納豆・さつま揚げ・鳥肉野菜煮物
1/19 カツ丼・冷奴・キムチ
1/17 あじのたたき・納豆・キムチ・ブロッコリー
1/14 チャーハン・もろきゅう・(おやつ)串だんご

定年退職後(1999年7月)~試行/実行してきたこと。
・都内主要公園・緑地区めぐり(サイクリングorウォーキング)して、花と木ウォッチング(観察・記録ノートつける、時にカメラ)
・元カイシャ上司・仲間と温泉の旅(年1回=これまで伊豆・新島・静岡川根・榛名・日光など)
・朝起き会入会(早朝5~6時)、正式名:実践倫理、社団法人で65年の歴史あり。
・カラオケ入会(月に1回・新宿)
・混声コーラス入会(月に3回練習・練馬区立文化センター)
・花中心の写真クラブ(約2年・いま休脱退)
・バイト(ビデオ店=約10年勤め昨年退職・週2~3日)(ちらし配り=不動産関係・1日100~120枚・不定期)
・各種イベント/展示会を観る=個展・グループ展(油絵・水墨画・書)、銀座/新国立美術館(ゴッホ展・中国の名筆など)
・ソニーCD倶楽部入会(毎月新作CD案内が来て自動的に送られるが気に入らぬものは断れる。古典落語・クラシックが中心)
・他に社交ダンス・指圧マッサージ・バッハを歌う会(大久保の教会附属講堂で練習)にも首を突っ込んだが1~2年で脱会。

・旧友との交流も長~い。
小学/中・高校(開成時代)、大学(W大英文科)のクラス会。
バイト先で知り合った若い友とは、今も年に1~2度再会、2~3人。元コマーシャル(広告)・コピーライター養成教室の同期の友だち数名、無論、28年勤めたカイシャの同僚・上司とのイッパイ会、そして惜しくも逝った先輩・後輩をしのぶ会にも参加。

・きょうだいの新年会。
姉二人・弟・妹二人とも健在で、毎年各自の家にて集まる。ことしは埼玉深谷市の次姉宅にて。息子を失ったが(享年30)、長女は二女子の母で新座市在、40歳(イラストと料理上手、特にケーキ・パン・クッキー)。

わが病歴
風邪でダウンしたことは平成元年以来ない。が、数年前に花粉症と不整脈を発症。一時期病院通いし、クスリも服用したが、今は病院ともクスリとも無縁。中野区や出版健保から定期健診の案内が来ても行かない、受けない。特別にスポーツとかジム通い・筋トレもしてない。唯一やっていることは「食」養生とウォーキング・ストレッチングと音楽療法かな?酒もクスリだが、名曲はもっといいクスリ、さらに最高薬は……わらい(=和来=笑い)。

もうひとつが、三かくと三かん法の実践。いろいろあらーな、But、40・50代~60代より、いま70代はじめの方が人生はおもしろく、毎日が発見で、云うところの「活」脳、「活」腸。もうどうにも止まらナイ!

ボクのカクゴとケツイ
3・11以後を災後と云う。復旧・復興は成るか? 国土も人心・身体もゴミ・がらくただらけ?ダルマ山河転んだ、けど七転び八起した。ボクらも、めげず・へこたれず、T(起つぞ)P(ピン)P(ピン)! 苦しいことも悲しいこともあるだろさ、だけどボクらは泣きべそかかず、笑っちゃう、すすめー、すすめー! ひょっこりひょうたん島。

ことしの目標の重点は、口と耳をもっと善くする事。目はダルマのように、半眼でいい。左目は閉じ、右目は開いて眼力(がんりき)は保つ。耳が遠くなったが、カラダの声が聞こえるように。いずれは樹や花、石ころの声も。地球の回転音がそのうち聞けるかも。

よくも悪くも、口は重要。歯は単なるものを噛む道具ではなく、肝臓・心臓に劣らぬ、脳と直結する中枢の内臓という認識が大事。カラダと心の不調は歯を疑うべし。よく噛むとツバの出がよくなるが、ツバは神液でみだりにツバをすててはいけない。また、文は人なり、同様に声も人なりで、話し方と声で人の気分・健康度がわかる。トレーニング次第で悪声も美声になり、歌も上手くなる。口グセは大事で、成功する人は独得の口グセを持っている。ツイている! とか、ウエルカメ(Well=噛め)とか、ケセラセラでもいい。

足は第二の心臓で、ほっ、ほっ、ほっ、よく歩く人は、心筋梗塞・脳梗塞にならないし、ボケになりにくい。歩くは、止まるを少なくすると書く。幸福は満「足」にあり、またよくゆっくり噛めば「口」福となり、口も過ぎれば禍の元になる。くりかえすと、耳をよくもみ、口を清潔に保ち、よく歩けば、アタマもイキイキしてくる。アゴ(歯)・アシ(脚)・アタマ(脳)はつながっている。

人のカラダはひとつで、部分バラバラにわけナイ。丸ごと全体視する。科学は分折で進歩してきたが、コレカラは包み込み・一体感の時代。人は地球よりも宇宙に近い。やれ、ここまでが日本だ、ロシアだ、中国だと区分けするのではなく、グローバルに、いや、宇宙的視野に立って見る、考える。人のカラダは小宇宙(ミクロ)。カラダは奥(マクロ)が深い。極まりナイ。その意味でカラダには希望がある。

アナタ(穴多)、ダイジョウブ(大腸夫)、九ツの穴を清潔にみがくことを、研究するというが(究は九ツの穴)、人体には365の経穴(ツボ)がある。ヒフは最大の臓器で無数の毛穴がある。また腸は第二の脳で、脳死してもまだ腸は自律的に活動できる。腸「活」は、脳「活」!になる。

現代の日本人は人相ばかりか、胃相も腸相も悪くなっている。うつ・いじめ・キレやすさも腸相にあり。腸の汚れが脳・神経の失調になる。もう一度いう。アナタ、大腸夫!? 目指すは耳と口と腸の汚れの浄化=クリーニングである。カラダの声が聞こえるか?ひばりのような声が出るか? 大股でかっ歩、または、足どり軽く、ランランランと鼻唄も出るか? 今日も一日生きてあることに感謝できるか? いつまでもアルと思うな、このいのち。クリアだ、クリアだ! クリーニング怠らず、上から読んでも下から読んでも、「まるだるま」。