堀井 彰

写真における個性とは何か? -森山大道「遠野2014」をめぐって-

森山大道写真展「遠野2014]のポスター」

キャノンギャラリー 森山大道写真展「遠野2014](2014年12月18日~2015年2月9日)



 何を撮っても森山大道の写真になってしまうね。40年ぶりに岩手県遠野郷を撮影した森山大道写真展会場で耳にした会話の一部である。写真展に遠野という地名は銘打たれているが、会場の壁面に展示されている写真は、森山大道の世界そのものを表現している。遠野郷を撮影したというより、森山大道自身を撮影した写真、つまり森山大道自身によるセルフポートレイトといったほうが適切であるような印象だった。遠近法の効果を十分に発揮した鉄路、大通り、人気のない歓楽街の小路、田圃などは森山大道の個性が十分に発揮された写真だった。遠近法の駆使にくわえて焼きこみによるコントラストの強調は森山大道のいつもながらギミックであり、効果抜群であった。
 またショウウインドウの中に鎮座するマネキンやポスターといった、森山大道が偏執する撮影対象も健在だった。

 手元に昭和51年に出版された新書版の写真集「遠野物語」(朝日ソノラマ刊・絶版)がある。今回展示されてある写真はデジタル撮影、プリントされたもので、40年前に撮影現像された写真と比較すると今回の写真そのものは鮮明で、綺麗に仕上がっている。しかし印刷技術の劣る40年前に印刷された写真が持つ、というより森山大道の個性である黒く焼きこむといった荒々しさ、汚さが希薄になっているような印象をぬぐえない。技術的に上手になっているような錯覚を写真から受けるのだ。
 たとえば田圃が左右に広がる田園風景のなかを奥へ向かって遠近法にのっとり延びる鉄路、そして鉄路の脇に立つ樹木。写真の上部は黒く焼きこむといった森山写真の常套手段が踏襲されているが、迫力というより美しさが勝った写真に仕上がっていた。またガラス張りのショウウインドウに並ぶマネキン人形のある風景を撮影しても、伝わってくる写真の迫力は40年前の写真に大きく見劣りすると感じた。

 今回のようにフィルム写真とデジタル写真とを比較してみる機会ははじめてであった。フィルム写真、デジタル写真と、同じ写真という言葉が使用されるが別物と理解したほうが混乱しないと耳にしてはいたが、今回、写真家の認識の変容、撮影対象の経年変化などではなく、技術変化による写真世界の変容を体験できた。

 ではどのように写真世界は変容しているのか? 森山大道の写真を、40年前の印刷写真と今回のデジタル写真とを比較して感じたのは、ノイズのあるなしである。デジタル写真では洗練さが際立ち、たとえば森山大道の写真の個性であった粗野で荒々しいアナーキーさが削除されてしまうことだ。あまりにも細密化がすすみ、写真世界が整理、整序されフラットになってしまっている印象が強く残った。
 今回展示されている写真には、ショーウインドウの中に立つマネキン人形、ポスター、看板といった撮影対象の選択に森山大道の個性が表出されているが、やはり粗野なイメージが殺がれて、綺麗過ぎるほどの仕上がりを見せていた。毒素を抜かれたような印象をもった。

 今回森山大道写真展「遠野2014」に出かけたのは、前回触れた荒木経惟の空と雲だけを撮った写真のことが念頭にあったからだ。荒木経惟のその写真を眼にして、そこに空虚を感じ、目頭が熱くなる体験を持ったことが、念頭を離れなかった。空と雲と、素人でも取れると思えるような写真のどこに自分が感応してしまったのか、大きな謎であった。しかしただ言えることは、私の記憶のなかにあった私情あふれる荒木経惟節の世界が、空と雲を撮った写真にはなかったことだ。荒木経惟節という私性、個性の濃密な写真世界ではなく、私性を抑制して、荒木経惟節という個性を写真から削除しようと試みている写真という印象だった。そのような転換の由来についてはどのような物語が介在しているのか不祥だが、だから素直に、荒木経惟節といったバリアーに阻まれることなく写真を受容できたのではないかと思えた。そして、荒木経惟体験も、また以前に触れた病から回復後の中平卓馬の写真に、「オレレ・オララ」以降の篠山紀信の写真にも、共通して個性の希薄化という方向へと姿勢を転換しようとする写真家の意思を感じられるのである。

 上記の三人は、個性的であるという位相では時代を画したことのある写真家である。そして今、三人の写真を目にすると、個性的であることを極力抑制しようという志向性を、写真家の意思を、ある意味で個性の放擲ともいえる姿勢を感じるのだ。個性的であることを志向して創作を持続していた世界から、個性の零点ともいえる創作へとの転換を感じるのである。
 だから荒木経惟、中平卓馬、篠山紀信といった作家の写真ではなく、写真そのものを受容できる機会にめぐりあえるのではないかと考えられる。

現在は光文社文庫として出版されている森山大道の「遠野物語」表紙

現在は光文社文庫として出版されている森山大道の「遠野物語」

 何を撮っても森山大道の写真になってしまうね。写真展の会場で耳にした会話の一端から、撮影対象をことごとく森山大道節に焼きこむ個性力に改めて目を見張った。そして森山大道のなかにあるいわばオブセッションともいえるショーウインドウ、看板といった対象への偏執的な執着が、写真のデジタル化によってどのような変容を蒙り、また写真の個性はどのように変容を強いられるのか、記憶のなかに生々しく残留するかつての荒々しく猥雑な写真ではなく、デジタルなあまりにも精細で清潔な写真を目にしながら写真における個性について、考えさせられた。