石笑 辛一

老いて ますます愉し ― 定年後のリアル&スロー・ライフ論 ―

イメージ(石仏)写真

1.『エルヴィス・ザ・スピリチュアル』(ジェス・スターン、ラリー・ゲラー共著、林陽・訳;1991年曙出版)

あなたのプレスリーのイメージは? ロック、ロック、ロック、オン・ザ・ロック!
ところが、本書を一読すればプレスリー観は一変するでしょう。→購読参考
彼は死ぬ間際まで、霊的世界の実相に近づこうとしていたのだ。“生まれ変わり”を信じ、宗教・占星術。精神世界などの書物に没頭し。なんと自分の死ぬ年まで予言していたのだ。
来年2015年はエルヴィス生誕80年だそうで、意外と若かったのに驚く。プレスリーへの関心復活のきっかけは今年8月16日、旧友T君と共に観たプレスリー映画2本(於・日本橋公会堂「~没後37周年 命日特別企画~エルヴィス映画祭」)でした。

2.『若々しい人がいつも心がけている21の「脳内習慣」』(藤木相元・著;2013年講談社+α新書)

藤木相元の画像(公式サイトより)

藤木相元(公式サイトより)

著者は今年(2014年)5月31日、91歳にて逝去した。人相見の大家にして発明王、そして三論宗大僧正でもあった。日ごろ新聞などの人生相談コーナーにてお目にかかっていたが、非常に痛快な人物でユニークだった!
とにかく、今は「長生き」じゃなくて「若返り」こそが現代のキーワードであって、そのコツ・秘訣とやらは……ナ、ナント「大法螺を吹いて吹きまくる」にあり、とのたのまうのだ。なんてまあ、ホラ吹きもここまでに到ればもうナニをか言わんや。
歴史上の人物で大ホラ吹きナンバーワンは空海ですって! 次が達磨大師だと。一休サンは?、良寛サンは?・・・・いや、戦後では吉田茂を、田中角栄を見よ! ある日のインタビューで吉田は怪気炎。-「わしの元気の源はヒトを喰うことじゃ!」うわっはっはっ、ヘソで茶を沸かしたくなる一冊也。→購読参考

プレスリーとともに熱燗で一杯飲りながら、秋の夜長を愉しもうぜ。笑って許して、ラーフ・ミー・テンダ~!!