海野 清

あなたの好きなように生きなさい-生誕100年 松田正平展-

ミュージアム・フロム・ウィンズ入口の案内


平成25年6月16日、小雨降る中、JR東海道線小田原駅で伊豆箱根鉄道・大雄山線に乗り換え、終点大雄山駅にて下車、歩いて10分足らずのところにある「ミュージアム・フロム・ウィンズ (museum from winds)」(神奈川県南足柄市)にて開催されている「企画展 生誕100年 松田正平展」に、今回は妻と行って来ました。3年前、堀井彰さんと「松田正平展」を見にきたところです。

以前、ご主人は松田正平のコレクターでは有名な方だということを、東京の「瞬生画廊」でお聞きしました。
油絵、素描など30数点を一気に観てまわったところで、ご主人よりお茶を淹れていただきました。そして神奈川県立近代美術館(鎌倉)で「松田正平展」が開催されていること、また8月には洲之内徹に関係する画家の展覧会を予定していることなどを教えていただきました。楽しみですね。

いつのもように「この中で一番欲しいもの」を探しながら観ていたのですが、小上がりの和室、その床の間に松田正平の書が表装され掛け軸としてありました。その文字は、なんの衒いもない、というか余分なものがなく、まっすぐこちらに向って語りかけてくるように感じられるものでした。

「あなたの好きなように生きなさい」

と書かれていました。
一番欲しいものは、この書。この書があれば、しばらくはやっていける。
本当のことを言うと涙が出そうでした。

本日休館 第25号(2013年夏号)をお届けします。いかがでしょうか?
次号(2013年秋号)は9~10月に更新予定です。では、それまでごきげんよう。